介護事業の開業・立ち上げならお任せ下さい。会社設立・指定申請から助成金、開業後の運営まで / 大阪・神戸・京都

まずはお気軽にご相談下さい!会社設立から指定申請·融資助成金まで対応。

06-6809-6402

【電話受付】AM9:00~PM7:00(土日祝も対応)

お問い合わせフォームへ

株式会社在宅介護トラスト様

2022.09.01

Q1.御社の企業概要について教えてください。

床次社長:在宅介護を中心にやっておりまして、障がい者の訪問介護、ケアマネジメント、介護支援事業などをおこなっています。職員数は30名程になります。アステージ社労士・行政書士事務所様とは、創業からのお付き合いになりますので、2022年で9年目になります。
 
佐藤社労士・行政書士:最初は行政書士の先生からの紹介でお会いしましたね。きっかけは助成金の申請のサポートだったと思います。まずはスポットでご依頼頂いて、その後給与計算などもすることになりました。
 
床次社長:そうですね。立ち上げ当時、介護タクシーの申請で行政書士さんとのお付き合いがあった際に、「これからの給与計算をどうしたら良いのか」と相談したところ、佐藤先生を紹介いただきました。フットワーク軽く、創業のノウハウから給与計算代行、助成金の活用の提案まで対応いただいています。
 

Q2.顧問契約を当事務所に依頼しようと思われたきっかけを教えてください。

床次社長:当時行政書士さんに紹介頂いた際に、佐藤先生はすぐに来てくださいました。その際の印象、誠実な人柄を信頼し、依頼を決めました。
 

Q3.普段、どのような相談をしているか教えてください。

床次社長:社会保険手続き、給与計算、助成金の申請・手続き等をお願いしております。また、職員の処遇に関する処遇改善加算の書類などもサポートいただいており、助かっています。書類が煩雑なために申請を断念するケースも多いと思いますが、職員の処遇を改善したいという想いを代行いただき、ありがたいです。
 
床次社長:簡単な実務的なことはメールで相談することが多いです。一方で重要な場面ではお電話または面談していただく形で相談させていただいております。また、普段の通常のやり取りでは職員が直接メール・電話でやり取りをしています。
 

Q4.御社が当事務所と契約をしてどのようなメリット(良かったこと)がありましたでしょうか?

床次社長:重複しますが、私の場合は「本業に没頭できる」点につきます。書類作成などはアステージ社労士・行政書士事務所様に任せられるので、現場で起こる日々のアクシデントやトラブルに集中できます。また、就業規則からすべての部分において相談をさせていただき、体制整備が出来ました。
 

Q5.契約前には想定していなかった顧問契約のメリットはなにかありましたでしょうか?

床次社長:会社のコンプライアンスのようなところについて我々は素人でした。事業を行うにあたっての労務管理や給与計算まで全て専門家のアドバイスが受けられるというのは、大変ありがたかったです。またさらには国の制度である助成金活用の提案も適切におこなって頂いています。ただやはり法令遵守のところでアドバイスを受けられるというのが一番助かりました。
 

Q6.当事務所を上手に活用していただくポイントは何がありますでしょうか?

床次社長:何から何まで相談させてもらっています。顧問税理士の先生とも直接当社のことについてやり取りをしていただいており、そのフットワークの軽さを存分に活用することがポイントかと思います。仮に専門外の相談をこちらがしたとしても、適切に他の専門家を繋いでいただけます。まずは相談してみることをおすすめします。
 

Q7.最後に、顧問契約を検討されている経営者の方にメッセージをお願いします。

床次社長:私としては、これ以上佐藤先生がお忙しくなるのは困りますが(笑)私も創業からある程度法人の形が出来てきました。全幅の信頼を持って関わっていただける先生です。経営以外のことも含めて、仕事に関するありとあらゆることに応えていただけると思います。創業時から佐藤先生とお付き合いが出来て運がよかったなと思います。

 

・その他の「お客様の声」はこちらをご覧ください
・当社の「開業応援パック」の詳細はこちらをご覧ください