1. 介護事業開業サポートセンター TOP
  2. 介護事業様向けおすすめ助成金一覧
  3. 両立支援等助成金(育児休業等支援コース)

両立支援等助成金(育児休業等支援コース)

どのような助成金・・・?

助成金概要

働き続けながら子の養育を行う労働者の雇用の継続を図るため、育児休業の円滑な取得及び職場復帰に資する取り組みを行った中小企業事業主に対して、助成金が支給されます。

具体的には「育休復帰支援プラン」を策定・導入し、対象労働者が育休を取得した場合、及び復帰した場合に支給されます。また育児休業取得者の代替要員を確保し、休業取得者を原職等に復帰させた事業主に支給されます。


いくらもらえるの・・・?

育休取得時 28.5万円<36万円>
職場復帰時 28.5万円<36万円>
育休取得者の職場支援の取組をした場合 19万円<24万円>
※「職場復帰時」に加算して支給
代替要員確保時 支給対象労働者1人当たり
47.5万円<60万円>
支給対象労働者が有期契約労働者の場合
9.5万円<12万円>加算

どうしたらもらえる・・・?

それぞれ以下の取り組みを実施する必要があります。

◇育休取得時

事業主が育児休業予定者と育児休業前の面談を実施した上で、育休復帰支援プランを作成し、当該プランの実施により、対象労働者が3カ月以上の育児休業を取得した場合に支給されます。

◇職場復帰時

事業主が育休復帰支援プランの実施により、育児休業中の情報提供を含む復帰支援を行うとともに、育児休業復帰前・復帰後の面談により必要な支援を行った上で、育児休業取得者が職場復帰後6か月以上雇用された場合支給されます。

◇代替要員確保時

次の1~3全ての取り組みが必要です。

  1. 育児休業取得者の職場復帰前に、就業規則等に育児休業が終了した労働者を原職等に復帰させる旨を規定すること。
  2. 対象労働者が3か月以上の育児休業を取得した上で、事業主が休業期間中の代替要員を確保すること。
  3. 対象労働者が、育児休業終了後に上記規定に基づき原職等に復帰し、さらに6か月以上継続就業すること。

※原職とは
原則同一事業所の、所属する組織の最少単位の所属先において、職制上の地位が低下していないこと。時間短縮をしても給与形態(月給制など)が変わっていないこと等。


お問い合わせ・ご相談はこちらから このページの先頭に戻る
このページの先頭に戻る
介護事業開業サポートセンター
お問い合わせ・ご相談はこちらから

Copyright(C)2012 アステージ 社労士・行政書士事務所 All Rights Reserved. ホームページ制作:MOYORIC DESIGN

介護事業の開業・立ち上げならお任せ下さい。会社設立・指定申請から助成金、開業後の運営まで / 大阪・神戸・京都